Site Loader

実際に建てた人から聞くことで見えるもの

実際に家を建てた経験の持ち主から、注文住宅を建てるときに必要な収納と動線についてアドバイスをもらうことは必要です。実際にこんな部分に気を付けて建てたほうがいいということや、収納をこんな部分に着けると邪魔になるなど暮らしてみなければわからないことは少なくありません。具体的な例を挙げると、玄関には広めのスペースがあったほうがいいということや、リビングの壁一面を棚にするか、リビングクローゼットを付けたほうがいいという意見は多いです。暮らした結果だからこそわかることは少なくありません。体験者が動線の邪魔にならないようなスペースについてアドバイスをしてくれる機会は逃さないようにしましょう。住宅見学会などは体験者の意見を聞く絶好の機会です。

将来のことを考えて家を建てよう

将来のことを考えて動線や収納をつけることも、注文住宅を建てるうえで必要です。特に、収納面と動線は年齢とともに変化をしていきます。さらに環境面でも収納に対して考えなければいけないことは少なくありません。年齢とともに変化する動線にどのように対応したらいいのか、将来動線が変化したときに家の間取りを変化させることができるのかなどを確認して家を建てたほうがいでしょう。また、単純に収納をつけるだけではなく、取り出しやすい部分に着けているかどうか、奥行きがありすぎて収納をつけて物が取り出しづらいような状態になっていないかなどを確認して建てることも忘れてはいけません。収納を考えるにあたり、災害時に物が落ちてこないような対策をも考えて建てることが望ましいでしょう。

地価が高い東京の注文住宅を建てるなら、こだわり抜いた理想の家を建てましょう。キッチンやバス、リビングも最高を目指しましょう。