Site Loader

騒音が心配ならRC構造がおすすめ

進学や就職などをきっかけに賃貸住宅へと引越す人は少なくありません。良さそうな物件だと思っていざ入居してみると、後悔してしまったという声も良く聞かれます。後悔するポイントの1つに、周りの騒音が想像以上に大きかったという点が挙げられます。隣室の生活音が気になって、夜に眠れないといったトラブルも少なくありません。騒音が心配であれば、耐震や耐火や防音に優れたRC構造の賃貸住宅がおすすめです。RC構造とは鉄筋コンクリート構造の略称で、骨組みに何本もの鉄の棒を使い、そこにコンクリートを流し込んだ構造です。そのため、密度が高い壁になるため遮音性に優れています。賃貸住宅をチェックするときには、設備だけではなく、住宅の構造についてもしっかり確認すると良いです。

様々な時間帯をチェックしよう

賃貸住宅選びでありがちな失敗の中には、思っているよりも帰り道が暗かったという点が挙げられます。何故このような失敗があるかといえば、物件の下見を昼間しかしていないからです。明るい時間帯だけではなく、帰宅時間帯はどうなのかをしっかりチェックしなければなりません。昼間は問題なくても、暗い時間帯だと危険と感じるところは意外とあります。特に女性の場合は、最寄駅からの帰宅ルートだけではなく、建物周辺のもしっかり確認しておくと良いです。建物の内見をして良い物件だと感じても、その場ですぐに契約しないようにします。一度契約を保留し、昼間以外の時間帯(特に夜間)に物件周辺をチェックしておくのが得策です。

北見の賃貸とは、北見周辺にある賃貸物件を指す言葉です。まれに、賃貸物件を取り扱っている不動産業者を指す言葉ともなります。